納骨堂や霊園での永代供養は慎重に|故人の骨を大切に

式場

理想の霊園

花

人は亡くなった後に眠る場所が必要になります。そこで、様々な霊園に遺骨を納めておくことができますが、生前にどのような場所に骨を納めて欲しいかと対話をしておくと良いでしょう。

詳細を確認する

移転したい時

花

お墓は故人の骨を納めて置く大切な場所。しかし、後々になって墓の引っ越しがしたいと考える人は多くいることでしょう。そんな時には故人を尊重して慎重に霊園を移転しましょう。

詳細を確認する

供養を考える

男性

私達人は、身内である人を失った時、お墓という形でその人を偲んだり、供養したりと、亡くなった後のことを大切にします。特に日本だと、「先祖代々」受け継がれていたお墓を所持している家も多く、自分が亡くなった時に入るお墓も決まっていたりします。
しかし最近、その「先祖代々」というものがうまくいかないケースが増えています。核家族化が進んだり、代々伝わるお墓に入りたくないという人が増加しているためです。そういった人達は自分の骨を樹木葬などの自然葬を望むことが多いです。では、例えば子供のいない場合、先祖供養はどうしていけばよいのでしょうか?また、子供のない家族の人達はどうやって供養してもらえるのでしょうか?
今では、永代供養というものがあり、納骨堂も完備された霊園が存在しています。自然葬で無い場合はお骨を納めておくための場所が必要なので、納骨堂などで管理・供養、しかも永代供養してもらうことができれば、お骨の納め場所に悩む必要もありません。永代供養が行われる霊園は、その名の通り、半永久的に供養の行われるシステムです。子孫がいなくても心配する必要はありません。霊園や納骨堂を探すのには色々と悩むことも多いと思います。それぞれの施設の管理者によく話や決まり事を聞いて選択する必要があります。また、永代供養といっても意味合いが違ってくることもあるので、霊園や納骨堂の管理がどういったものなのかを確認しましょう。違いを理解して故人の遺骨を大切にしましょう。

納骨の形式

葬儀

先祖代々のお墓があれば、そこに遺骨を収めることもできますが、墓を所有していない家族であれば納骨堂に保管を依頼することができます。また、生前にどこに骨を納めて欲しいかを確認しておくと良いでしょう。

詳細を確認する